close

JAPANESE
ENGLISH
求人情報
Menu
小売電気事業とは
小売サービス 発電サービス 通信サービス

小売電気事業とは

2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化されました。家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できる法律が施行され、それぞれのライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになりました。

電力小売全面自由化後も、物理的な電力供給の仕組みには原則変更はありません。

電力は、以下図の通り、発電所 → 送電線 → 変電所 → 配電線 の経路をたどり、各ご家庭まで供給されています。 電力の供給システムは、(1)発電部門 、(2)送配電部門 、(3)小売部門 の大まかに3つの部門に分類されます。

自由化で変わること

「電力の小売全面自由化」により、様々な事業者が電気の小売市場に参入してくることで、新規参入の会社を含めた電力会社の選択が可能になりました。 電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスが登場することが期待されます。 例えば、電気とガスの組み合わせによるセット割引や、ポイントサービス、さらには家庭の省エネ診断サービスなどを提供することが可能です。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
京都本社
075-672-4111(代表)
その他のお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールフォーム