close

JAPANESE
ENGLISH
求人情報
Menu
運用面での利点
小売サービス 発電サービス 通信サービス
titletext01JPS事業

法人向け通信の特徴

運用面での利点

PHS内線着信時に発信元の内線番号が表示されます

●発信者が事前に確認できます
●電話帳に登録することで、登録名での表示が可能です
●応答出来なかった場合、不在着信履歴が残ります
●PHS端末の機能(伝言メモ)を留守番電話として利用することが可能です

各PHS子機毎に「075-XXX-XXXX」の番号を付与しま

●PHS子機毎に外線発信番号を通知することができます
●PHS子機毎に外線を直接着信することができます
●PHS子機からの外線発信時、どの子機から発信されたか判別することが出来、折り返しの電話を直接PHS子機へ着信させることが出来ます

各拠点内の内線番号を見直しいたします

●Aビルを「1XXX」、Bビルを「2XXX」、PHS子機を「3XXX」の内線番号へ変更することで、現状の内線番号を活かしながら設備更新が可能です

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
京都本社
075-672-4111(代表)
その他のお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールフォーム