close

求人情報
Menu
お問い合わせ
2018.1.5
カテゴリー:ニュース

年頭所感

1.はじめに

明けましておめでとうございます。新たな気持ちで本日を迎えられたと思います。年頭にあたり、皆さまに、一言ご挨拶を申し上げます。

2.経営環境

先ずは、エフビットを取り巻く経営環境についてお話しします。
2017年のわが国の経済は、株価の上昇、雇用安定など回復基調で推移いたしました、と言う学者さんは多いですが、私が考えるには、問題は山積みかと思います。特に、実質賃金の長期低迷、いわゆるデフレ問題と、北の脅威に対する日本の防衛力問題は、深刻ではないでしょうか。
一方で、世界は、どうでしょうか?米国ではトランプ政権の誕生、英国のEU離脱、中東からの大量難民、相次ぐテロの驚異、緊迫する北朝鮮情勢、中国の存在感が増していること等、国際情勢は非常に不安定な状況です。

その中で、私が感じている大きな変化は、グローバリズムの行き過ぎを是正する動きが始まっていることです。米国の「アメリカ・ファースト」や、英国のEU離脱等がそうであり、世界的にナショナリズムの波が来ていることです。
こうした内外の変化は、我々のビジネスに、様々な影響を及ぼします。私が昨年の出来事で、「これは、我々のビジネスに関係してくる」と感じたことがあります。それは、フランスとイギリスが、2040年迄にガソリン車とディーゼル車の販売を禁止すると発表したことです。また、それを受け、日産のゴーン社長が、2022年までに、電気自動車を販売台数の三割にすると言う大胆な計画を発表したことです。化石燃料からのシフトにより、環境負荷を減らすことが、国が電気自動車を推進する従来の大義であったかと思いますが、今回のイギリスやフランスは、もっと高いレベルの国家戦略、すなわち、エネルギーの中東やロシアからの脱依存だと思います。

我々の商材は、電気です。電気の価格はエネルギー事情によって大きく左右します。我々が、お客様に届ける電気の原料は、ほとんどが、化石燃料です。電気やガスといった社会インフラは、化石燃料と密接な関係があり、日本もいずれ大きな舵取りをしなければならない状況に来るかと私は思います。
今後、安定した調達を考えなければいけません。一方で大手電力会社は、系統から“ジャブジャブ”した電気を安値で売ってきます。商品の差別化をしなければなりません。こうした経営環境は、チャンスです。しかし、脅威でもあります。

3.創業55年のエフビットは?

今年は、創業してから55年の年にあたります。長い歴史の中で時代の変化や危機を乗り越えてきました。今のエフビットがあるのは、「進化」を遂げてきたからです。
昨年は、皆さんの頑張りがあり、運も味方して、非常に良い実績を収めることができました。54期が、創業以来の過去最高益となることは、間違いありませんが、遠慮することなく今期目標達成まで邁進して下さい。今年は、20兆円市場で、1パーセント、2000億円を取れるべく礎を築く年となります。これからも「進化」が求められます。我々を取り巻く環境が大きく変化しています。変化のスピードも速いです。産業構造や社会インフラ、個人の行動様式までが大きく変化しつつある時代、真の社会貢献が問われます。

4.おわりに

最後になりますが、2018年も考えて行動する、「進化」を続けていきます。現場へ足を運びましょう。たくさん議論をしましょう。社員の皆さんの一歩を踏み出せる行動力こそが、新しいビジネスを造っていけるものと確信しています。
今年、私は、「地」という字を選びました。地道に、地を固め、地に足を付け・・・、様々な思いで、これからの今年一年を見渡しました。私には、必ずやるという信念があります。皆さんが家族に自慢できる会社にしていきたいと思います。

この1年、皆さん、自分に自信を持って仕事に取り組んでください。また、健康にはくれぐれも留意し、元気に活躍されることを期待しています。私の新年の挨拶とさせて頂きます。

ありがとうございました。

以 上
平成30年1月5日
代表取締役社長柏崎和久
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
京都本社
075-672-4111(代表)
その他のお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールフォーム